line2

耐久年数・品質保証塗料について

当社で使用している塗料

塗装の仕上がりの良し悪しにとって、塗料はとても重要です。
当社では塗料店からの大量入荷により、高品質なメーカー品塗料を使った塗装を低価格でご提供しております。
主に使用している塗料は「セラミシリコン」「シリコンセラミック」の2種類です。
中でも水性と溶剤系(油性)で分かれます。それぞれの耐久年数とメリット・デメリットは以下の表を参考にして下さい。
  水性 溶剤系(油性)
耐久年数 約10年 約13年〜15年
メリット 臭いが少なく料金も少し安い 耐久年数が長い
デメリット 溶剤系(油性)と比較して耐久年数が短い 臭いが強い

その他の塗料

塗装に使用される塗料には様々な種類がありますが、「耐久年数」「価格」の面で現在もっとも主流の塗料は弊社も使用している「シリコン系」塗料です。
耐久年数図
アクリル系塗料 アクリル系の合成樹脂を主成分とした塗料です。約10 年前は主流であった塗料ですが、現在はあまり使われていません。透湿性が高い(湿気を通しやすい)ことと、耐久年数が5年〜7 年と短いため、外壁塗装に使用する塗料としてはおすすめしません。
シリコン系塗料 シリコン系の樹脂を主成分とした塗料です。耐久年数が10 年〜15 年と長く、汚れにも強いことからコストパフォーマンスの面でもっとも優れており、現在主流の塗料です。価格はウレタン系と比較すると高価になりますが、当社では塗料店からの大量入荷により低価格でご提供しております。
ウレタン系塗料 ウレタン系の樹脂を主成分とした塗料です。塗膜が柔らかく密着性も高い万能系の塗料であり、約5 年前は主流であった塗料です。今も多くの塗装業者が使用されていますが、シリコン系と比べると耐久年数が7年〜10 年と短いため、当社では使用しておりません。
フッ素系塗料 フッ素系の樹脂を主成分とした塗料です。耐久年数が12 年〜20 年と長く、現在の塗料ではもっとも耐久年数に優れています。しかし、価格が高価なため一般家庭で使われることはほぼありません。次世代型の塗料といえます。

品質保証について

工事保証書

当社では手間暇をかけた丁寧な工事を行いますが、万が一塗装の剥がれなどが生じた場合に備え、工事終了後に保証書をお渡ししております。


保証期間は安心の10 年間となっております。
勿論、保証期間内に発生した問題であれば無償で対応致します。

耐久年数・品質保証塗料について
東洋建匠の匠と職人をご紹介
お客様の声
日野市 I様
外壁塗装、屋根塗装の工事をお願いしました。最初に驚いたのが、職人さんの挨拶が笑顔で又仕事も丁寧で見積に入っていない所まで気が付きやって頂きました。次回何かあった時は、東洋建匠さんにお願いしたいと思っています。
立川市 U様
この度は、中古物件を購入致しました。建物の塗り替えは18年目で初めて塗替えの見積もりを致しましたが悪くなっているところが多く、それを直していただき住めるようにと外観の手入れ等に見積額より値引きしていただき本当に東洋建匠さんに頼んで良かったと思います。
青梅市 T様
専門職とは言え、手の動きによって見る見る間にキレイに成っていくのに関心したり、すみずみまで行届いた仕事に安心して住む事が出来ます。 1日1日の仕事の手際の良さにお仕事された皆様に御苦労さまといいたいです。 ありがとう御座居ました。
お客様の声一覧
株式会社東洋建匠

お問い合わせ方法
無料見積り
pagetop
2014 Toyokensyo All rights reserved.